わくわくペット.com

いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届け。さまざまなペットの病気やお困りごとを解決します!

わくわくペット.com
Pocket
LINEで送る

赤ちゃんとペットの同居。うさぎは大丈夫?一緒の生活で注意すべき事3選

2019年08月25日 [ 同居 赤ちゃん うさぎ ペット ]
Pocket
LINEで送る

赤ちゃんとペットの同居。うさぎは大丈夫?一緒の生活で注意すべき事3選

 

ペットを飼っている家庭に

赤ちゃんが生まれたら・・・

 

赤ちゃんがいる家に

ペットは大丈夫かな?

 

など、

赤ちゃんが生まれると、

本当に生活が変わって

赤ちゃん中心の生活になります。

 

そんな時、

ペットが一緒にいることで、

不安や心配も出てきますよね!

 

最近は、

赤ちゃんとペットが

一緒に遊んでいる動画など

あれ?赤ちゃんとペットは

一緒でも大丈夫なんだと

思ってしまう事もあるでしょう。

 

ワンちゃんや猫ちゃんもそうですが、

特にうさぎについては

どうなのでしょう?

 

今回は、

そんな赤ちゃんとうさぎの

同居についてのお話です。

 

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

ワンちゃん、猫ちゃんも飼われている方は、

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

ワンちゃん、猫ちゃんについての

理解が深まると思います。

 

うさぎの赤ちゃんのご飯、ペレットの量は?適正量をしっかりお勉強!

犬と赤ちゃんが同居。噛むなどの行動が、とても心配?解決の心得3選

猫と赤ちゃんの同居は、工夫ポイントを抑えて安心・幸せ生活に!

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんとペットの同居。うさぎは大丈夫?一緒の生活で注意すべき事3選

その1:そもそも赤ちゃんとペットは、一緒にいても大丈夫なの?

 

人間の赤ちゃんと犬や猫をはじめとした小動物は、

一緒にいても大丈夫なのでしょうか?

 

実は、

注意すべきことはありますが

結論として

すでにペットがいるならば

むしろ一緒に育てる方が良いと

言っていいほど、

沢山のメリットがあるのです。

 

ただ注意すべき点を

しっかりわかっておかないと

大変なことになりかねません。

 

また、

動物の種類によっても

注意すべき点が違います。

 

メリットが沢山あるから

赤ちゃんとともに

ペットも飼おうっという考えは

ちょっと待って下さい。

 

もし、赤ちゃんに

そのペットに対するアレルギーがあったら・・・

そういったことも含めて

赤ちゃんとペットの同居について

しっかりと生活方針を

決めていかないといけません。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんとペットの同居。うさぎは大丈夫?一緒の生活で注意すべき事3選

その2:赤ちゃんとペットが一緒に育っていく環境のメリットとは?

 

赤ちゃんとペットの同居には

良いことが沢山あります。

 

赤ちゃんが育つ過程で、

いい事ばかり。

 

①赤ちゃんの心の発達

人間と違う生き物と間近に触れ合う事で

他の生き物にも感情がある事や

赤ちゃんと同じように

小さな生き物がいるという環境が

形や色とともに動きを認識することで

赤ちゃんの発達を促します。

 

②赤ちゃんの免疫力アップ

生まれたばかりの人間の赤ちゃんは、

母親からもらった免疫を持っていますが

成長するにつれて、

自己免疫へと免疫力が変わってきます。

 

その過程でペットがいる環境では

多くの菌と接することとなり、

免疫力がアップします。

 

③生活環境改善効果

赤ちゃんだけでなく

ペットがいる環境では

両親も癒しの時間が増えるでしょう。

 

育児ノイローゼなどの心配も

ペットが癒してくれるでしょう。

 

結果、

子育て環境がより安定したものになります。

 

③ペットは子供の最高のパートナー

赤ちゃんがペット一緒に成長するという事は、

家族であり、友達であり、

最高のパートナーとなる事です。

 

子供が寂しい思いをしたり、

逃げ場のない状況でも

ペットが話し相手になるのです。

 

④ペットが赤ちゃんを助けることも!

赤ちゃんが何らかのピンチの時、

ペットが察知して助けてくれるもあります。

 

 

赤ちゃんとペットの同居。うさぎは大丈夫?一緒の生活で注意すべき事3選

その3:赤ちゃんとペットの同居で、絶対に注意しなければならない点は?

 

では、

赤ちゃんとペットの同居において

絶対に気をつけるべき、

注意しなければいけない事とは

どんなことでしょう?

 

①アレルギー

犬や猫に対して

人間にはアレルギーあるのは

よく聞くと思います。

 

小動物、

とくに”うさぎ”はどうでしょう?

 

うさぎにも

アレルギーが存在します!

 

ウサギアレルギーで

発作を引き起こすことも・・・

 

アレルギー検査の項目には

家兎」(”かと”と読みます)

というものがあります。

 

うさぎをすでに飼っていて

赤ちゃんを連れて帰ってきたら、

まず赤ちゃんの様子を

よく観察して下さい。

 

ちょっとでも怪しかったら、

アレルギーの可能性もあります。

 

すぐに病院で診てもらいましょう!

 

アレルギーは、

血液検査で調べることが出来ます。

 

②赤ちゃんとペットの力の加減

犬や猫は、

赤ちゃんの事をしっかりと認識します。

 

その為、

一緒に過ごしていても

ペットの方が手加減してくれたりします。

 

うさぎは、

その点では加減を知らないので、

一緒に過ごす場合は、

保護者がしっかり見てあげましょう!

 

意外とうさぎは、

手を噛んだりしますし、

爪も鋭いです。

 

うさぎの爪のお手入れも

忘れずにこまめに見ましょう。

 

③フケやダニ

ペットとの同居に限らず、

不衛生ならこの心配は尽きません。

 

不衛生にしていると

いろいろな病気の発生源となります。

 

しかし、

特にペットがいる家庭では、

動物ならではの感染症などもあるので、

衛生面では、

特に気を付けなければいけません。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんとペットの同居。うさぎは大丈夫?一緒の生活で注意すべき事3選

その4:まとめ

 

赤ちゃんとペットの同居は、

とても良いのですが、

注意すべき点をしっかりと守る事が、

とても重要なので、

いつも頭の隅に入れておきましょう!

 

赤ちゃんとペットが

仲良く一緒に育ってくれたら

うれしいですよね!

 

3つの注意点をしっかり守って

よく赤ちゃんとペットを

見てあげる環境があるなら

同居は本当にオススメですよ!

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「ペット情報など」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です