わくわくペット.com

いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届け。さまざまなペットの病気やお困りごとを解決します!

わくわくペット.com
Pocket
LINEで送る

猫が脱走しちゃった!捕獲した後のケアは?動物病院へ連れていく?

2017年12月22日 [ 脱走 ケア ]
Pocket
LINEで送る

猫が脱走しちゃった!捕獲した後のケアは?動物病院へ連れていく?

猫ちゃんが突然飛び出しちゃった!

 

車通りもあるし、ご近所には犬もいる。

 

どこにいるの?早く帰ってきて!

 

こんな飼い主さんも少なくはないと思います。

 

探し回ってもなかなか見つからないと

不安だけがつのってしまいますよね。

 

こういったことがないように、

日ごろからよく遊んであげることが大切です。

 

それでもちょっとした隙に

脱走してしまうってことありますよね。

 

今回は、猫ちゃんが逃げ出してしまった時の

探し方や、帰宅後の接し方について

ご紹介したいと思います。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫についての理解が深まると思います。

 

猫の赤ちゃんがミルクを飲まない!落ち着いて基本の対処法実践で解決

猫ノミは、人間を刺すの?刺された時の症状やノミ駆除の方法とは?

猫と赤ちゃんの同居は危険、毛は悪影響?理由がわかれば万事解決!

 

<スポンサーリンク>

 

猫が脱走しちゃった!捕獲した後のケアは?動物病院へ連れていく?

その1:猫が逃げた直後にすぐやるべきこと

室内飼いの猫ちゃんであれば、

それほど遠くへは行かないので、

まずは自宅周辺を名前を呼びながら

探しましょう。

 

探すときは好物のおやつを持って、

匂いでアピールしたり、

念の為にキャリーバッグも

持って探すことが重要です。

 

見つけた場合は、

見知らぬ匂いや音に敏感になり

怯えている可能性がある為、

駆け寄らずに

そっと餌を持って近づきましょう。

 

また、家に入ってこれそうな窓を開けておき、

玄関先や家周辺に匂いのついた

トイレの猫砂、餌、水を

置いておくことも大切です。

 

無事に連れ帰ってこれた場合、

神経過敏な状態に

なっていることもあります。

 

その為、

お気に入りの毛布などを与えて

好きな餌やお水を与えてあげましょう。

 

落ち着いたら、

怪我などしていないか確認して、

念のために動物病院へ

連れていきましょう。

 

<スポンサーリンク>

 

猫が脱走しちゃった!捕獲した後のケアは?動物病院へ連れていく?

その2:迷子ネコ、脱走猫の探し方

猫だってお腹がすけば、

いつもの場所に戻りたいと思うはずですが、

その猫が戻ってこないのには、

戻れない理由があるかもしれません。

 

もし、不妊・去勢手術をしていなければ

メス猫を追いかけて遠くまで行き過ぎて

帰り道がわからなくなっていることも

考えられます。

 

もし逃げられた場合でも、

猫を驚かすような

追いかけ方はしないことです。

 

室内飼いの猫が初めて外に出てしまうと、

たいていの猫は、

どこへ行けばよいかわからなくなり、

その場で固まるか、

真っ先に目についた狭い場所に

もぐりこんでしまいます。

 

その為、

名前を呼びながらそっと近づいて

猫がすり寄ってきてくれるのを待ちましょう。

 

また、1度探して見つからなくても

猫が移動することもある為、

何度でも同じ場所を探してみてください。

 

<大人気お薦め>

 

猫が脱走しちゃった!捕獲した後のケアは?動物病院へ連れていく?

その3:猫が外に出たがる時のストレスとは?

猫が外に出たがる時は、

発情期の場合があります。

 

その場合とてもストレスが溜まってしまい

閉じ込められているような状態になる為、

ストレスはマックスになってしまいます。

 

動物病院で対処法について相談して

家の中でストレス発散ができるように

いつもより多めに遊んであげたり、

またたびを使ってみましょう。

 

新しい爪とぎを設置することも有効です。

 

去勢している猫が外に出たがる場合は、

遊びが足りずストレスが溜まっていることが

考えられます。

 

やはり、

いつもより多く遊んであげることで

欲求を満たしてあげることが大切です。

 

また、

1度脱走してしまうと、

脱走癖がついてしまうこともあります。

 

連れて帰ることがとても大変な場合もある為、

日ごろから脱走防止対策を行いましょう。

 

無事に帰宅した時は、叱るのではなく

たくさん甘えさせてあげましょう。

 

その後に、獣医さんで健康診断して

もらうようにしましょう。

 

<スポンサーリンク>

 

猫が脱走しちゃった!捕獲した後のケアは?動物病院へ連れていく?

その4:まとめ

猫ちゃんは外に興味を持つのは

遊び足りないといった理由もあります。

 

日ごろからたくさん遊んであげるように

していれば、外に出たいとは

思わないかもしれません。

 

自分の経験では、

外をイタチが通った時に

慌てて追いかけていって

しまったことがあります。

 

夏場で網戸には補助鍵もしていましたが、

網戸を破って出て行ってしまいました。

 

本能で逃げるものを

追いかけたかったのでしょうね。

 

探すのはとても大変で、

連れて帰ってくるのも一苦労します。

 

近所では、

猟犬をかっていらっしゃるところがあり

その猟犬に野良猫が何匹もかみ殺されたことも

あった為、生きた心地がしませんでした。

 

こういったことのないように

脱走防止対策をしっかりした上で

ストレスを溜めさせないように

たくさん遊んであげたいですね。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「ペット情報など」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。