わくわくペット.com

いぬ、ねこをはじめ、いろいろなペットの情報をお届け。さまざまなペットの病気やお困りごとを解決します!

わくわくペット.com
Pocket
LINEで送る

猫アレルギーかも?引っかき傷の応急処置や対処。猫ひっかき病とは?

2017年12月21日 [ アレルギー 引っかき ]
Pocket
LINEで送る

猫アレルギーかも?引っかき傷の応急処置や対処。猫ひっかき病とは?

猫を飼っているととても癒されます。

 

撫でているとウットリした表情になる。

 

そんな表情を見ていると幸せですよね。

 

でも、撫でている時に急に

引っかかれちゃったということも

多々あると思います。

 

猫に引っかき傷をつけられて

腫れてしまったり、

痒みが出たりするのって

アレルギーなの?って

思っている方も多いのは?

 

猫に引っかき傷をつけられると

アレルギーでない方でも腫れてしまいます。

 

今回は、

猫アレルギーの場合の対処方法や、

アレルギーではないけれども

引っかかれた時に腫れてしまう原因について

紹介してみたいと思います。

 

どうぞ最後までお楽しみに下さい。

 

合わせてこちらの記事もお読み頂くと、

猫についての理解が深まると思います。

 

猫のキャリーは、ソフトとハードどちらが良い!?選ぶポイントは?

猫のキャリーの種類いろいろ。リュックから、まるで宇宙船?まで!

猫の脱走対策に有効な方法とは?窓などにできるおすすめのグッズ3選

 

<スポンサーリンク>

 

猫アレルギーかも?引っかき傷の応急処置や対処。猫ひっかき病とは?

その1:猫アレルギー症状とは?

猫アレルギーの元となるものは

アレルゲンというものです。

 

アレルゲンはタンパク質の一つで

主に猫の唾液から様々なところに付着し、

アレルギー反応が出ると言われています。

 

唾液以外でも、猫の毛や皮膚、

フケからも飛散する為、

人の目では発見することができません。

 

アレルギー反応が出てしまうと、

根治することはありませんので、

色々な対策が必要となります。

 

対策としては、

猫をよくブラッシングしてあげたり、

お風呂に入れるようにしましょう。

 

また、

できるだけフローリングの部屋で

飼うようにして、

布団やソファなど、

猫の毛がよく絡むものは避け

洗濯できるものを使うことで対処しましょう。

 

猫のトイレや寝具を清潔に保つことも

アレルギーの症状が出にくくなるコツです。

 

<スポンサーリンク>

 

猫アレルギーかも?引っかき傷の応急処置や対処。猫ひっかき病とは?

その2:猫ひっかき病?

猫ひっかき病は、

猫にひっかかれた場合のみではなく、

噛まれたときにも

発生する可能性がある感染症です。

 

症状は、

引っかかれたり噛まれたりした後から

引っかき傷が腫れたり膿んだり、

リンパ節が腫れたりします。

 

例えば手をひっかかれた場合は、

わきの下のリンパ節が腫れたりします。

 

また、

リンパ節が腫れた場合は、

発熱することもあります。

 

その為、

引っかかれた場合は、

傷口を流水でしっかり洗い、

オキシドール等で消毒をしましょう。

 

それでも、

傷口が腫れてしまった場合には、

自分で判断せずに

病院で診てもらいましょう。

 

猫ひっかき病は、

普段から予防することも可能です。

 

ノミやダニなどの寄生虫を駆除したり、

排泄物に直接触らないようにすることです。

 

また、

猫を触った後は、

除菌ハンドソープなどを使い

手洗いをしましょう。

 

<大人気お薦め>
カンファペット

 

猫アレルギーかも?引っかき傷の応急処置や対処。猫ひっかき病とは?

その3:猫アレルギーだから飼うことを諦める?

猫アレルギーだから、

目や鼻が痒くなる。

 

好きだけど、

猫は飼えないと諦めるのは早いです。

 

まずは、

飼う前に病院で猫アレルギーの検査を

受けることをお勧めします。

 

検査はいくつか種類がありますが、

有効とされている検査は、

皮膚の表面を針で

軽く刺す「プリックテスト」や

少量の血液を採取して

検査する「RAST」があります。

 

検査を受けて

猫アレルギーであることが判明しても

猫アレルギーが出にくい猫の種類もおり、

ロシアンブルーや

ベンガル、サイベリアンなどです。

 

また、

ご自分のアレルギーが唾液からのものか

猫毛が原因なのかを突き止めてみましょう。

 

毛が原因であれば、

抜け毛の少ない種類を唾液が原因なら、

原因物質の少ない種類を

選ぶことで解決に近づくことができます。

 

また、

猫カフェに行って、

アレルギーが出ない種類を

見つけることもひとつの方法です。

 

<スポンサーリンク>

 

猫アレルギーかも?引っかき傷の応急処置や対処。猫ひっかき病とは?

その4:まとめ

猫が大好きなのに、

アレルギーで

接触できないなんて辛いですよね。

 

現在飼っている方は、

接することを控えることなど、

できませんよね。

 

アレルギーの症状は、

人によって軽度なものから

重度になるものまであります。

 

自分自身も猫アレルギーで、

一緒にいるとくしゃみや鼻水が

止まらなくなり、

酷い時は喘息まで出てしまい、

寝込むこともあります。

 

でも、

可愛い猫と接しないことなんて

ありえません。

 

猫と接する前に

アレルギー予防の為に薬を飲んだり、

部屋を綺麗に掃除したりします。

 

部屋を掃除する時は

他のハウスダストを吸い込んでしまうと

意味がないので、マスク着用です。

 

できる限りの対処や時には薬も飲みながら

猫ちゃんとの楽しい日々を送りたいですね。

 

 

この記事がお役に立てていれば、

ブログ内「ペット情報など」欄の

ブログランキングボタン、

ブログ村ボタンをクリックして頂けると

とても嬉しい限りです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。